看護師転職サイトランキング

子供がいる事で仕事面でプラスになったと感じる事はありますか?

育児の中には、看護につながる部分が多くありますね。

 

子どもをもってみて、初めて心の底から人を看護するという事に触れた気がします。

 

子どもを産む事で命の尊さをより一層感じる事もできました。
命の重み、はかなさ、強さ...色々な事を感じます。

 

そういった面では、人の命と向き合う仕事である看護師として、独身の頃とは違った見方が出来るようになります。

 

 

また、ケアの中でも生かされる事が多くあります。

 

例えば、オムツの交換や、食事介助など、子供を育てている人の方が上手に出来る人が多いなと思います。

 

私も、子育てをしてからの方が要領が良くなったな...と思います。
オムツ交換にしても、以前に比べると、どうやったらもれないとか、オムツの当て方などにも違いがでますね。

 

食事介助も、雑な人はひどいですね。
自分だったら?自分の子供だったら?と思うと、そんな食べさせ方は出来ないと思います。

 

人をお世話するという事に育児は多いに役立ちますね。

 

また仕事に対する意気込みも、子供が生まれてからの方が強くなったと思います。

 

やはり、子供たちのために仕事をしている、家族を養わなくては...という気持ちになります。

 

独身の頃は、ただ働いていた感じでしたが、子供がいると嫌になったから逃げ出したいなんて、簡単には思えませんし出来ません。

 

子供に恥じないよう、子供のよいお手本となるよう頑張ろうと思う気持ちが芽生えました。

 

子供がいるから頑張れる、疲れていても子供に癒される...そんな事で、辛い仕事もこなす事が出来るようになったと思います。

 

子供がいる事で、看護というものの捉え方、ケアの仕方、仕事への意欲、向き合い方など自分にとってプラスになっている事が沢山ありますね。