看護師転職サイトランキング

自分が将来かかるかもしれない病気が分かるなら検査しますか?

最近では予防医学が発達して、将来なる可能性がある病気を事前に知って、早いうちから予防しようというものです。

 

現在は医療が発達しているので、予防医学はとても有効で、将来発症する可能性の高い病気を事前に防いだり、発症の年齢を大幅に遅らせる事が出来るようになってきました。

 

個人でもDNA検査などであらゆる可能性を調べる事が出来ます。

 

家族性や遺伝性が指摘されている、がんや糖尿病などの生活習慣病、うつな分裂病などの精神疾患、アルツハイマーなどの認知症なども、なりやすい人となりにくい人がいる。

 

 

ある疾患になりやすい体質なのか、なりにくい体質なのか?これが知れたら有効ですよね。

 

例えばがん家系の方は将来がんになる可能性が高いと言われていますが、どこの臓器にどのくらいの割合で発症する可能性があるのかが分かれば、自分で予防をする事が出来ますね。

 

自分がなる病気を事前にしるのは怖い(>_<)と言う方もいますし、DNA検査は日本ではそれほど普及していないので、今後は少しずつ受け入れられていくと思います。

 

海外は日本の様に医療保険が充実していないので、予防医学が当たり前なので、事前に自分が掛かりやすい病気を知る事をとても重要と考えているので、事前にDNA検査を予防する方が多いようですね。

 

日本でも今後はますます予防医学の研究が進んでいくと思います。